«

»

10月 16

目の疲れ、目の下のクマ対処法


目がつかれている時には、目だけでなく脳も疲れているので、目と脳の疲れを和らげるためのマッサージをしましょう。

目の疲れ

目の下のクマは、顔の周りの血行が悪くなっているだけではなく、体全体の血行が悪くなっている可能性があります。

マッサージで解消しましょう。

目の疲れを解消

目の周り

目の周りを2本の指でさするマッサージを行いましょう。

人差し指と中指を使って、目頭の横あたりから耳の横にかけて半円を描くように優しくさすります。

目の周りの組織はとでも繊細なので、強く押しすぎないように気を付けましょう。

丁寧に40秒~1分くらいさすりましょう。

おなかの側面

両手同時に脇の下から腰骨まで手のひらを使って軽くさすります。

次に、恥骨のあたりにあるリンパ節までゆっくりとマッサージしましょう。

足の内側

座って足を伸ばして少し膝を立て、足首の内側のくるぶしから内ももまでを丁寧に親指で軽くさすります。

手のひらと親指以外の指は、足に軽く触れる程度で親指だけで軽く足を押すようにマッサージします。

目の下のクマを解消

目の周り

両手の2本の指で軽く優しく、目頭からこめかみまで半円を描くようにマッサージしましょう。

40秒~1分くらい行いましょう。

両の手のひらを交差させてマッサージします。

耳の下から首、反対側の鎖骨を通り、わきの下にあるリンパ節までリンパ液を流すイメージで40秒~1分くらい行いましょう。

おなか

手のひらを使ってさするようにマッサージを行います。

両手を上下において胸から恥骨のあたりまで優しくさすりましょう。

足の付け根

足の付け根のリンパ節はリンパ液が滞りやすいので、念入りに行いましょう。

足の付け根の外側から内側に向かって、親指以外の4本の指を使って丁寧にさすりましょう。

強く押さないように注意が必要です。

50秒~1分が目安です。